エイズ(AIDS)はヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって起こるウイルス感染症の事であり、免疫不全となり健康体では感染しにくい日和見感染や悪性新生物などを発病してしまう病状を称します。
結核をもたらす結核菌は、患者さんが「せき」をすることで外気や内気の中に投げ出され、空中でふわふわと浮いているところを違う人が呼吸の際に吸い込むことによりどんどん感染します。
下腹部の激痛を主訴とした主な疾患には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、卵管の疾患など、様々な部位の病気が聞かれます。
今、若年層で長期間咳が続く結核に抗える抵抗力、即ち免疫力を保持していない人々が多くなっていることや、早合点のために診断が遅れることに縁る集団感染や院内感染の発生頻度が高くなっているようです。
ほぼ100%に近い割合で水虫=足、特に足の裏や指の間にできやすい病気だと思われていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけではなく、体の様々な部位にうつってしまうという恐れがあるので注意してください。

音楽会の開催場所や踊るためのクラブハウスなどにあるものすごく大きなスピーカーのすぐ側で大音量を聞いて耳が遠くなってしまうことを「音響外傷」と呼んでいるのです。
ハーバード・メディカルスクールの調査結果によると、一般的なコーヒーと比較して1日2~3カップのノンカフェインのコーヒーに変えることで、驚くことに直腸ガン発病率を5割以上も減らせたとのことだ。
アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を下げたり突然変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす物質を身体の中で無毒化し、肝機能を促進するような性能が認識されています。
このサイトで詳細を見てみましょう。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、元来、人の体をがんから保護する役目をする物質を生成するための鋳型ともいえる遺伝子の異常が引き金となり発症する病気です。
上が140以上、下が90以上の高血圧が長い間続くと、全身の血管に大きなダメージが与えられ、身体中の様々な場所の血管にトラブルが起きて、合併症を誘発する度合いが高くなると言われています。

もう永久歯の周りの骨を溶かすまでに拡がってしまった歯周病は、多分炎症が安定したとしても、失ったエナメル質が元の量に戻るようなことは無いと考えておいた方が良いでしょう。
通常ならば骨折は起こさない位のごく弱い力でも、骨の限定された部位だけに幾度も次から次へと力が加わると、骨折が起こってしまうこともあるようです。
耳の内部の構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分けられますが、中耳の部分に様々な細菌やウィルスがうつることで炎症が発症したり、液体が滞留する病気を中耳炎と称しています。
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの研究の成果により、注射の効果が見込まれるのは、ワクチン接種したおよそ2週間後から約150日くらいだろうと考えられているようです。
トコトリエノールの効果としては酸化を防ぐ働きが殊更認識されていると思いますが、それ以外に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりすることが認められています。