HIVを持っている血液や精液の他、唾液、母乳、腟分泌液といったいたる所の体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜部分に接触した場合、HIV感染の危険性が大きくなります。
基礎代謝というのは人間が何もしていなくても使用してしまうエネルギー量であり、大部分を全身の骨格筋・最大の内臓である肝臓・頭部の脳で消費するということはまだ広くは知られていません。
2005年(H17)年2月以降新しくトクホ(特定保健用食品)の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」のコピーの表示が義務となった。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、Caが体内に吸収されるのを助長する性能が知られており、血液の中のカルシウム濃度を操作し、筋繊維の機能を適切に操ったり、骨を作り出します。
欧米諸国では、新しい薬の特許が切れた4週間後、市場のおよそ80%がジェネリックに切り替わるという医薬品もあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界各国に浸透しているのです。

上が140以上の高血圧が長い間継続すると、身体中の血管に強いダメージが与えられ、体中の色んな血管に障害が起こって、合併症を招いてしまう率が大きくなります。
むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことや受動喫煙・アルコール・肥満といった生活習慣の変化、ストレスなどに縁り、今日本人に多い病気だといえます。
陰金田虫は20代~30代の男の人多く見られる傾向があり、大抵は股間の辺りにのみ広がり、走ったり、お風呂上りのように体が温まった時に強烈な痒みに襲われます。
あなたには、クラチャイダムゴールドが必要かもしれません。
耳の内部の構造は、外側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3つに分類できますが、この中耳の近くにばい菌やウィルスがうつることで発赤等の炎症が起きたり、液体が溜まる病を中耳炎と呼びます。
国民病ともいわれる花粉症とは、森のスギやヒノキ、ブタクサなどの草木の花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・目や皮膚の痒み・鼻づまり・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を招く病気だといえます。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も多い中耳炎で比較的小さな子供に多くみられる病気です。強烈な耳痛や38度台の発熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(耳垂れ)などの多様な症状が出現するのです。
インフルエンザ(流感)に対応した予防するための方法や医師による手当といった類の必ず行われる対策そのものは、それが季節性インフルエンザでも未知なる新型インフルエンザでもほとんど変わりません。
過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、精神的なストレス、加齢というような多様な素因によって、インスリン分泌が鈍化したり、働きが鈍くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、主に両手両足がマヒしたり下肢の著しい浮腫などがよく訴えられ、病状が進行すると、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全なども併発することがあります。
亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質を合成させるために作用する酵素や、細胞もしくは組織の入れ替わりに関係している酵素など、200種類以上もの酵素の構成要素として絶対なくてはならないミネラル分なのです。